FIB

FIBとは

株式会社FIBが目指す
福祉事業所運営

一人でも多くの笑顔が見たいから
既成概念にとらわれず 個々の個性を尊重し 
豊かな人生を過ごせるよう
自信と生き甲斐を育み 人と社会を繋ぎ
そして環境とともに歩んでいく事を目指しています。

FIBは
真のプロフェッショナルを
目指します

プロフェッショナルという言葉をよく耳にしますが、真のプロフェッショナルとはどのようなものでしょうか?日々自分の業務をこなし、報酬を頂けば、プロフェッショナルと言えるのでしょうか?

株式会社FIBではプロフェッショナルを次のように定義しています。
「組織の価値観と自分の役割を理解し、必要となる知識・技能を自ら習得し、迅速に行動し、組織の成果と成す」

組織が描くビジョンを理解し、そのビジョン達成のために自分の実行すべきことを明確にする。実行するにあたり、必要となる知識や技能を自ら積極的に習得し、迅速に行動に移す。そして、最終的に組織の成果に結びつける。これこそがFIBの目指すプロフェッショナルであり、社員一人一人が真のプロフェッショナルと呼ばれるにふさわしい仕事をしなければならないと考えています。そのためには、3つの指針があります。

  • 人を知る

    障がいを持った方への支援にあたってしっかりと理解しなければならないことは、障がい者福祉とはサービス業であるということです。そして、サービスを提供するには利用者の求めていることの理解が必要であり、そのためには利用者を「知る」ということが何より重要になってきます。利用者を深く知り、特性を理解し、利用者の人生の一部を共に築き上げていく。そのために日々模索し続ける。これこそが大切なことであると我々は信じています。

  • 笑顔の追求

    当社経営理念の最初に「すべての人の笑顔が見たい」とあります。”すべての人”とは、利用者は勿論のこと、利用者のご家族も、支援スタッフも、関係機関の方々も含め、我々を取り巻くすべての人を意味しています。そして、笑顔とは単に笑うことではなく、心豊かな人生を歩むことで自然に溢れ出てくる笑顔を意味しています。すべての人が心から喜んで笑顔になる。そんな世界を私達は目指しています。

  • 成果を出す

    プロフェッショナルであるということは、成果を出し続けるということです。成果を出し続けるためには、日々プロセスを見直すことが必要です。日々、組織のビジョンと自分の行動とを照らし合わせ、方向性を確認しながら前進していく。それを毎日積み重ねていく。一見地道に思えるこのやり方こそが成果に結びつく重要なプロセスであると考えています。そして、それを継続することが、真のプロフェッショナルであると考えています。

このページのトップへ